E本当の話だよム

【喪服の女】
喪服の女

この話は数年前の深夜3時ころの話です。



その日は日帰りで長野の親戚の所に行くため、夜中3時ですが愛犬の散歩をしておこうと家を出ました



我が家の周りはお寺に囲まれている感じの立地なのですが散歩コースとしては毎日通る道です


その日もお寺の脇を歩いていました


すると向こうから喪服を着た女の人が此方に向かって歩いてきます


すれ違いざまに会釈も交わしました・・・


その時は夜中の3時という事も、こんな時間に喪服を着た人が歩いてることも全く気にもしませんでした。


が・・・


でもよく考えればその日はお通夜も葬儀もなかったなぁ・・・と


そんなことを考えながら歩いて角を曲がるとほんの10秒程前にすれ違ったばかりのその喪服の女の人がまた自分の目の前から歩いてくるではないですか・・・


そのお寺は数十秒で一周して来れるような小さいお寺でもなく途中で近道できるような小道もないのです・・・


その時確信しました、あちらの人かなと・・・・


その後も同じ道を同じ時間に何度も通っていますが、それきり喪服の人とはもう会った事はありません。







以前お話した『透明サイクリング』などもこの喪服を着た人とすれ違ったところと全く同じ場所なんですよ。








w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++アルバム++