👻UMA、伝説、怪事件👽

🐓モスマン
1/3ページ目

概要

特徴

地元の住人はこのUMAを単に「バード

概要

特徴

地元の住人はこのUMAを単に「バード(鳥)」と呼んでいたが、一般にはマスコミを通じて広まった「モスマン(蛾人間)」という名のほうが有名である。

体長は約2m。腕はなく、背中に大きな翼を持つ。その翼をはばたかせる事なく、自動車よりも速く飛行する。目撃者の多くは、モスマンを一瞬しか見ておらず、モスマンの顔はあまり詳細まで覚えてはいないが、目がギラギラと赤く輝き、目と目の間隔が大きく開いていることだけは、多くの目撃者の証言が一致している。 ネズミやコウモリに似た「キィキィ」という鳴き声を発したという証言もある。

「第一発見者」とされる女性によると、彼女が車で時速160kmで逃走した際、モスマンは同等の速度で追ってきたという。また、彼女はTV番組のインタビューの際、「モスマンはフライング・ヒューマノイドに似ているような気がする」と述べている。

モスマンとの遭遇事件

1966年11月12日、ウェストバージニア州レンデニンの墓地で目撃されたことを皮切りに一連の遭遇事件が始まった。

続く11月14日、同州ポイント・プレザントのTNTエリア(元・火薬工場であった地域)付近でドライブを楽しんでいた若者がモスマンに追跡されるという事件が発生する。 若者たちは車を全速力で走らせたものの、モスマンは容易に追跡してきたという(この若者の一人が「第一発見者」とされる女性である)。

また、同日夜ポイント・プレザント北東にあるセーラムでも同様の目撃証言が報告されている。 外にいる飼い犬が激しく吼えるので様子を見に行くと、暗闇の中に赤く光る二つの目が浮かび上がったという。翌朝飼い犬の姿はどこにも無かったが、新聞に掲載された火薬工場での目撃証言には「逃げる途中で犬の死体が転がっていた」との一文があった。なお、この火薬工場近辺では数度にわたり奇妙な光体が目撃されていたという証言もある。

最初の遭遇事件から13か月後の1967年12月15日、ポイント・プレザントとオハイオ州カノーガを結ぶシルバー・ブリッジ付近で目撃された事例を最後に、モスマンの目撃例は途絶えている。関連性は不明であるが、同日シルバー・ブリッジは大規模な崩落事故を起こし46人が犠牲になるという大惨事となった。この出来事はモスマン事件を題材にした映画「プロフェシー」でも描かれている(映画中での犠牲者数は36人とされた)。

ポイント・プレザント周辺での目撃は絶えたものの、近年多発している「フライング・ヒューマノイド」との目撃証言には「高速で飛行し車を追いかける茶色の怪人」などモスマンとの共通点があり、関連性が指摘されている。

 また、映画「プロフェシー」では、モスマンを目撃したと証言する人の家に、モスマンが脅迫電話をかけるシーンがある。
[指定ページを開く]

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ