刻の詩集

アフタームーン

「それじゃあ明日昼前に待ち合わせな」自分から約束したはずなのに 目覚ましの音にも気付かないで僕は夢にもたれ掛かっていた

『仕方無いよ最近忙しかったんだからさ』『緊張して寝られなかったんだよな』頭の中で自分を擁護しながら髪を軽くとかして ボタンをかけちがえた余所行きの服で部屋を出る 風になる 鳥になる

見慣れた道からふと上を見上げると 眠たそうな顔して月が浮かんでいた

今日は早起きなのか?それとも眠れずに夜更かししたのか?お前も毎日大変だな 俺の話も聞いてくれるか?

言い訳を考えながら 月に同情した 同情を誘った


[先頭ページを開く]
[指定ページを開く]






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ